ニキビができやすい食べ物ってあるの?

 

ニキビができる原因は、毛穴に余分な皮脂がたまってしまうからです。そのため脂の元となる食べ物を多くとっているとニキビができやすくなってしまうんです。

 

脂の元となる食べ物とは炭水化物・甘いもの・油っぽい食べ物などです。

 

炭水化物…ご飯やパン・麺類などの主食とされる食べ物

 

炭水化物は多く摂りすぎてしまうと糖分に分解され、最終的に脂肪として蓄積されてしまうので皮脂の分泌が多くなってしまう原因となるのです。

 

しかし炭水化物は体を動かすための大事なエネルギー。
特に成長期にはかかせない栄養素なので、抜きすぎには注意が必要です。

 

甘いもの…チョコレートや生クリームなど糖分たっぷりの食べ物

 

甘いものって特に女子は大好きですよね。
でもうっかり食べ過ぎには気をつけてくださいね。

 

糖分たっぷりの食べ物とは脂肪の元もたっぷりなのでニキビの原因になるだけでなく、体内に溜め込まれると太ってしまう原因にもなります。

 

お菓子やケーキは大好きでも食べる量に注意しましょう。

 

油っこい食べ物…揚げ物・肉類など

 

肉の動物性の脂肪は皮脂の分泌を過剰にしてしまう働きがあります。
揚げ物も油を多く使っているため、ニキビを作りやすくしてしまうのです。

 

ニキビを予防するためにはお肉や揚げ物を取り過ぎないことが大切。
ちょっと我慢してみましょう。

 

まとめ

ニキビのできやすい食べ物っておいしいものばかりですね。
でも食べ過ぎはニキビにも体にもよくありません。

 

ちょっとだけ制限して代わりに魚や野菜などを積極的に摂りましょう。
おいしく健康にニキビを予防しちゃいましょう。

 

ニキビを早く治すために効果的な食べ物は?