紫外線もニキビの原因なの?

紫外線,ニキビ

 

紫外線を浴びすぎるとお肌にはよくないというのは近年すっかり常識になりました。

 

シミやそばかすの原因になり、あとに残ってしまうということはよく言われていることですが、ニキビの原因にもなるということはまだまだ知られていない事実です。

 

それではなぜ、ニキビの原因にもなるのでしょうか?

 

ニキビは一般的には皮脂の分泌が多いときにできてしまうものだと思われています。
紫外線とニキビはどういった関係なのでしょう。

 

紫外線にはお肌に悪影響を及ぼす物質がたくさん含まれています。

 

その紫外線が肌に当たると、活性酸素が作られ、お肌は酸化状態になります。
酸化した状態というのは、ニキビができるには好条件で、そのためニキビができやすい環境になってしまうのです。

 

また、紫外線はメラニン色素が作られる原因にもなるため、ニキビができてしまう上に色素沈着で治っても痕が残ってしまうのです。紫外線はやはりお肌には悪いものです。

 

ダメージを与えてしまったあとでは遅いので、
陽射しが強い日にはしっかりUVケアをするようにしましょう。

 

また、紫外線を浴びてしまったあとでも、アフターケアをすることで、色素沈着を防ぐことができます。紫外線にはビタミンCが有効だといわれているので、ビタミンCが配合された基礎化粧品などを使用するのも一つの方法です。

 

夏だけでなく冬にも紫外線は降り注いでいます。

 

お肌と紫外線の関係をきちんと理解しておくことで今後のお肌の状態が変わっていきますよ。