白ニキビは潰したほうがいいの?

 

白ニキビといわれるものはニキビの初期段階のものです。
このニキビは白くぽつっと盛り上がっており、潰すと白っぽい膿や芯がでてきます。

 

ニキビは4つの段階で分けれており、白ニキビの状態では潰しても自然治癒する場合が多いので特に問題はありません。

 

しかし赤く腫れてしまった赤ニキビやその他の状態のニキビは絶対に潰さないようにしましょう。

 

赤くなってしまっているニキビは炎症が起きており、菌が繁殖しています。

 

そこに更にダメージを与えるとニキビは治るどころかかえって悪化して
黄ニキビという膿んだ状態になってしまう場合があります。

 

ニキビ跡が残り色素沈着によってシミになってしまったり、クレーターのような肌になってしまう可能性もあるためニキビを潰すときにはとても注意が必要なのです。

 

白ニキビの状態なら問題ないとはいえ、自分のニキビがどの状態にあるのかを把握するのは難しい場合もあるためあまり安易に潰していいと考えないほうがいいのかもしれません。

 

そして白ニキビを潰してしまったあとには必ず患部は清潔に保ち、
いじらないように注意しましょう。

 

白ニキビの潰し方

白ニキビの潰し方ですが、手で力任せに潰していませんか?

 

ニキビの芯を出し切るというのは大切なことですが手の力だけでやみくもに潰すと手の雑菌がニキビに付着し、潰した幹部に菌が繁殖してしまう場合もあるので潰す前に患部を消毒しコメドプッシャーなどを使って丁寧に処置しましょう。

 

潰したあとにはビタミンC誘導体配合の化粧水をコットンに含ませて患部に余計な雑菌が入らないようにケアしてあげるのが理想ですが、ビタミンC誘導体配合の化粧水は高価なものが多いので、オロナインやニキビ用のスポッツクリームを使用するといいですよ。