思春期ニキビと大人ニキビはできる原因が違う!

思春期ニキビ,大人ニキビ,違い

思春期ニキビと大人ニキビですが、恐らく思春期の頃の知識ではあまり違いなんてわからないんじゃないでしょうか?

 

20歳過ぎたらニキビって吹き出物になるんだよ。

 

このくらいしかわからずなんか吹き出物って嫌!!
そんな気持ちがあると思います。

 

同じニキビだし、ニキビでいいんじゃ…・とも思いますが実はニキビができる原因が違ってくるのです。

 

大人ニキビの原因

思春期ニキビの原因は成長ホルモンの過剰分泌によるホルモンバランスの乱れ。

 

これは知っている人も多いと思うし、このサイトでも何度か紹介されています。
では大人ニキビの原因は?

 

大人ニキビの原因もホルモンバランスの乱れが大きく関係することは確かですが、
ストレスや睡眠不足、食生活にスキンケアと飲酒に喫煙…。

 

これらの不規則な生活習慣からくるお肌が生まれ変わるターンオーバーの乱れが原因
なんです。

 

思春期ニキビと違って治りにくいのでより気をつけなければいけません。

 

また、原因が違うので出来る場所も思春期ニキビは皮脂分泌が多いTゾーンと呼ばれるおでこや鼻が多いんですが、大人ニキビはUゾーンと呼ばれるフェイスラインやあごに出来ることが多いんです。

 

思春期ニキビ,大人ニキビ,違い

 

原因が違うと対策も変わってくる

 

当然同じニキビでも原因が違うとその治し方も変わってきます。
思春期ニキビも大人ニキビも生活習慣の改善は大切ですが、同じニキビケア化粧品を使ってもいいのか?

 

と言われれば答えはノー。

 

大人ニキビの場合は生活習慣の改善とより保湿力の高い化粧品を使ったほうが治りやすいけど
思春期ニキビは皮脂量が多いために皮脂量と水分量を保ってくれるような化粧品を使ったほうがいいんです。

 

だから思春期ニキビで悩んでいるのならちゃんと自分の状況に合わせた化粧品を使いましょうね。

 

 

⇒思春期ニキビを治す《簡単にできる7つのニキビケア対策》