中学生の頃のニキビ占いでワクワクしていた時もありましたが…。

 

私の中学、高校の頃って、ニキビが鼻の頭の上に出来れば好きな人と両想いで、あごに出来れば相手に想われている、

 

そしておでこに出来れば私の方が想っているといった風にいつも占いとして活用されていました。

 

だから普通だったらニキビが鼻の頭に出来たり、あごに出来るとお肌が汚く見えるからすごく嫌なはずなのですが、この2箇所に限ってはニキビが出来た時は、潰さずに大切に残していました。

 

でもその他の部分に出来たニキビはあまり縁起が良くないと思って、
速攻で潰してケアしていたものです。

 

今思うとすごく滑稽な話ですが、青春時代はニキビですらも大切な恋占いのツールだったのです。

 

神出鬼没なニキビだからこそ、こういった占いが出来たのかもしれません。


 

中学生の頃は「想い、想われ、振り、振られ」といったニキビジンクスを信じて、1個どこかにできたら好きな人と進展があるかも−!

 

とウキウキしてましたが、本格的にニキビに悩まされたのは、高校生の頃でした。1つ2つできてたぐらいだったのが、気づけば顎やおでこにたくさんできるようになってきました。

 

それがすごく気になって暇さえあればニキビを潰してたけど、それは逆効果で赤くなったり紫っぽくなったりして後悔したのを覚えています。

 

洗顔をしっかりしたら治ると思って、メンズのスクラブ入りで何度も洗顔していました。

 

10代の頃はニキビを気にしすぎて肌を大切にしようと思う気持ちとは逆に、かなりダメージを与えていました。

 

ニキビができたらあまり刺激を与えず、ケガと同じように優しくケアするのが一番だと今となっては思います。


 

中学生,ニキビ占い