チョコレートがニキビに悪いと言われているのは本当?

チョコレートを食べるとニキビができるという噂を聞いたことがある人は多いと思います。とても有名な話なので、チョコレートはニキビの大敵と思われがちですよね。

 

でも、実は、チョコレートがニキビの直接的な原因になることはないんですよ。チョコレートは、油分が多いので、確かに、大量に食べると、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴がつまる原因になるかもしれませんが、おやつに食べる位では全く問題ありません。

 

ではなぜチョコレートを食べると、ニキビができると言われているのでしょうか?

 

例えば女性の場合、生理前にニキビができることが多くなります。
これはホルモンバランスが関係しているのですが、生理前には、無性に甘い物を食べたくなったりしますよね。

 

ホルモンバランスが乱れて、ニキビができやすくなっている時期とチョコレートを食べたくなる時期が重なって、
結果的にチョコレートが原因だと結び付けてしまう人がもしかしたら多いのかもしれません。

 

他にもストレスが溜まっている時に、夜中にチョコレートなどの甘い物を大量に食べてしまうという経験がある人も多いと思います。この場合も、ストレス、夜中に暴飲暴食、というニキビの原因がありながら、食べたチョコレートのせいに思う人もきっと多いのでしょう。

 

つまり、チョコレートはニキビに悪いというよりは、ニキビができやすい時期に食べたくなるもの、ということなのでしょう。だから、ニキビを気にしてチョコレートを我慢する必要はありません。我慢するストレスの方がよっぽどニキビに悪いですよ。

 

⇒ニキビを早く治すために効果的な食べ物は?