思春期ニキビをニキビ跡にしないためにできること!

 

思春期ニキビとは10代の頃にできるニキビのことで、おでこや頬などにできることが多いです。

 

少し前まではキレイな肌だったのに、いつの間にかニキビだらけ…なんて状態になっていませんか?

 

思春期ニキビはあっという間にニキビが増えてしまい、思春期が過ぎるまではなかなか治りづらいという厄介なニキビです。

 

それにケアをしないで放っておくとニキビの跡ができてしまうことも。
正しいお手入れ方法を知ってニキビ跡のないキレイな肌に治しましょう。

 

 

ニキビができてしまったらいじらない!お肌を清潔に保つ!

 

これが最も大切です。

 

それにはまず、必要以上にいじらないようにしましょう。
傷跡をむやみにいじってしまって、なかなか治らなかった経験ありませんか?

 

ニキビも一緒で、いじるとばい菌が付いてしまって治りにくくなり、
炎症で跡が残ってしまう可能性もあるのです。

 

 

そして肌はいつも以上に清潔にしましょう。

 

ニキビができてしまうということは皮脂や汚れが多くなってしまっているということです。
丁寧に洗顔し、お肌をキレイに保ちましょう。でもゴシゴシ洗いすぎは厳禁ですよ。
優しく洗ってあげましょう。

 

 

ニキビができてしまうと本当に憂鬱ですよね。でも気になるからといって、
前髪を伸ばしすぎて隠したりしては髪の毛の刺激で余計ニキビが悪化してしまいます。

 

それにストレスでニキビも悪化するんです。

 

ニキビ跡を残さずキレイに治すためにはどんよりした気持ちでいるよりも、
明るく前向きに、そして清潔に過ごしましょうね。